既婚者への恋

不倫愛で幸せになるためのゴールは結婚とは限らない3つの理由

不倫愛の幸せの形

恋愛の一つの到達点って”結婚”ですよね。
お付き合いをしていずれは結婚…って考えるのは自然な流れです。

でも不倫(訳あり恋愛)の場合、やはり同じように結婚が一つの到達点なんでしょうか。
どちらかが(あるいは両方が)結婚している人と別れて新たに恋愛している人と結婚し直す。
割とよく見かける流れですし、僕もそういうカップルがいて良いともちろん思います。

でもね。
僕が今回伝えたいのは「結婚もアリだけど、別に結婚しなくても幸せになれまっせ」ってことです。
訳あり恋愛の場合、結婚を一つのゴールにしなくても実は幸せになれます。
というよりむしろ結婚しないほうが幸せになれたりすることだってあります。

今回はそんな訳あり恋愛の幸せの形についてお伝えしていきます。

  

”何となく付き合ってる”が一番幸せ!?

僕が『訳あり恋愛は結婚しないほうがむしろ幸せなのかもね』と思う理由は主に次の3つです。

  1. 距離感が近くなるとお互いの嫌な部分も見えてくる
  2. 会う回数が限られるから密度濃く愛し合える
  3. 逆境の恋だからこそ燃えるものがある

一つずつ解説していきますね。

1.距離感が近くなると嫌な部分も見えてくる

僕は既婚男性という立場なんですが、僕と妻っていわゆるお付き合いをしていた時はもっとラブラブだったんですね。
そんな僕が訳あり恋愛をしたのは、もちろん相手のことが好きになったということもありますが、妻との仲がやはり以前のようにラブラブではなくなった、ということも見逃してはならない事実です。

なぜ以前のようにラブラブじゃなくなったのか。
それはシンプルに結婚したことで相手の嫌な部分が見えるようになったからです。
もちろん妻には僕の嫌な部分が見えてるでしょう。

ぶっちゃけ僕も妻もどちらが何か悪いことをしたわけじゃないんですね。
ただ一緒にいることでどうしても相手の嫌な部分って見えてきちゃうんです。
距離が近くなればなるほど、どうしても嫌な部分が目に入ってきちゃうわけですよ。

お付き合いをしている状態であれば、相手の嫌な部分ってほとんど見えないです。
好きな部分だけを見て愛し合うことができます。

変な言い方になりますけど、妻と同じように嫌いになりたくないんですよね(笑)

付き合ってた時はラブラブだった
⇒結婚して距離が近くなって嫌な部分が見えるようになった
⇒他の女性の魅力にひかれた
⇒その女性と距離が近くなった
⇒その女性の嫌な部分が…

ってあれ、これ無限ループじゃん?みたいな。

距離が近くならないことでむしろ嫌いにならないですむんです。

2.会う回数が限られるから密度濃く愛し合える

好きな気持ちがあっても毎日会っていればそうそうラブラブ出来ません。
それは訳あり恋愛の末に添い遂げても同じでしょう。
なぜなら一緒にいることが当たり前という状況に慣れてしまうからです。

例えば、訳あり恋愛で一緒にいる時はしょっちゅう「好き」って言い合っているでしょう。
あるいは手作り料理を作ったらそのたびに「美味しい!」って言ってくれるでしょう。

でもそれは合う回数が限られていて、会うということそのものに幸せがあるからです
毎日顔を合わせてたらそれが当たり前になって幸せを感じにくくなってしまいます。

今すごく愛し合っているから結婚したらこのままの愛し合うのが毎日続くなんて幸せ、ってわけじゃないんですね。

今すごく愛し合っているのは毎日一緒にいないからこそ、だったりします。

3.逆境の恋だからこそ燃えるものがある

手に入りそうで手に入らない、というもどかしさが訳あり恋愛においては最高のスパイスになっている面もあります。

お互いに好きだけど踏み込めない。
禁じられていることをしている背徳感。
それらすべてが合わさって今の訳あり恋愛のラブラブにつながっています。

訳あり恋愛が成り立たないわけではないですよ。
だけどいざ相手を手に入れて結婚したときに何か物足りなさを感じてしまうとしたら、それは訳あり恋愛の”苦さ”がなくなってしまうからだ、と僕は思います。

それでも結婚したいのならば突き進むべし

今回の記事は男性である僕が書くと
「へん。どうせ責任を取りたくないだけの自己擁護意見でしょ」
っていう反応は必ず出てくるでしょう。

こればっかりは僕が一時的に女性になれるわけでもないですし、しょうがない批判です。
男性という変えられない部分をターゲットにされて批判されてはどうあがいても返しようがありません。

それに僕は結婚することで手に入る幸せがあることも十分理解しています。
例えば相手と子をもうけたいと思えば、それは結婚しなければ手に入らない幸せだったりします。

あるいは相手に養ってもらいたいと思えば、それもやはり結婚したほうが願望は叶いやすくなるでしょう。
(ちなみに僕は養ってもらいたいという願望は松任で批判されるべきでないという考えの持ち主です)

もちろん恋愛をする中で相手の心だけでなく体だって独占したいと思う気持ちの高まりの結果結婚するのだってあるでしょうしね。

だから結婚は考えてももちろんいいんですよ。
でも結婚しなくても幸せになれる道もあるし、結婚することで今回上げたような犠牲になる部分は出てくる。
それも覚悟の上ということであれば突き進むべきです。

あなたにとっての幸せの形とは何でしょうか。
本当に結婚しなければ幸せになれないんでしょうか。
あるいは結婚しなくても幸せになれるかもってチラッとでも考えてみる価値は僕はあると思いますよ。

少しでもあなたの幸せの形を追い求める参考になれば幸いです。

今回の記事のように元カレの行動って何かと思わせぶりですよね。

そんな彼の行動を好意的に受け取りたい気もするし、でも勘違いして変なアプローチしても嫌だし…。
もやもやは溜まる一方です。

これ以上もやもやをためる前に…。
あなたが”いつ””どのように”彼に仕掛ければいいのか。
彼の気持ちを確かめて彼の気持ちをなびかせるために、どう動けばいいのかその”予定表”を手に入れちゃいませんか?

彼に振り回される恋愛から彼を翻弄する恋愛にするには今が絶好のタイミングですよ(笑)

⇒元カレとの復縁を成功させる予定表を手に入れる