既婚者への恋

既婚男性が連絡先を渡してくる心理とは?その下心度を本音で伝えるよ

連絡先を渡す既婚男性の心理

昔に比べて(と言うとおっさん感丸出しですが)今って連絡先すごく交換しやすいですよね。

Lineとかって「ちょっと何か連絡したいことがあるから」とかなんとか言えば簡単に知ることができるし、FacebookやInstagramなんかも「フォローするからアカウント教えて~」なんて言われるとやっぱり断りづらいですしね。

でもいくら交換しやすいとはいえ既婚者という立場であれば、やはり安易に連絡先は交換しないです。
僕も結婚してからはむしろ連絡先を交換するような状況は積極的に避けてました。
理由は単純。妻に見つかるとめんどくさいことになるからです。

例えばLineなんて自分がお風呂入ってる時に女の子からラインが来て、通知画面に出てきたメッセージを妻が読んだら…みたいなことを考えると想像するだけでも冷や汗ものです(笑)

それくらい既婚者という立場になると連絡先交換はちょっと控えるもの。
それでも既婚男性の彼があなたに連絡先を渡してきた意味とは…。
男性目線で解説します。

ちなみに連絡先を交換してマジで仕事の話だけしかしない、みたいなのは除外します。
それはただの必要な連絡先交換ですからね。
連絡先を交換し、少しでもプライベートっぽい話をしたがる既婚男性のことをお伝えしていきますね。

既婚男性が連絡先を渡す時の下心度は…

ぶっちゃけ既婚男性が連絡先を渡してくるというのは下心はあります。

先ほども触れたように既婚者という立場であれば、”なんとなく”な連絡先交換はしないもの。
でも彼は”なんとなく”の壁をひょいっと乗り越えてきたわけで、そこには何かしらの動機があります。
その動機こそ下心です。

ただその下心度は滅茶苦茶激しいわけではないです。
というか激しい人もいるんでしょうけど、例えば付き合いたいとかセックスしたいとか、そういう明確ではっきりとしたものがなくても連絡先を交換してくる人はいるということです。

”なんとなく”の壁を乗り越えてくるくらいあなたに好感は抱いているけれど、でも今すぐめちゃくちゃな関係になりたいわけじゃない。
好みの女の子と会話(Lineやメール)出来ればとりあえず幸せ。
そんな感じです。

もちろんその先にひょんなことがあって誰にもバレずにデートしたりエッチしたり出来たらいいなあ~くらいは思ってるでしょうけどね。
それもポヤポヤと妄想レベルに考えてるだけ、という感じです。

こういうそこそこの下心『以上』の人が連絡先を渡してくる、という感じですね。

自分に言い訳をしながら連絡先を渡した僕の場合

僕自身も既婚者という立場ながら連絡先を渡したことがあり、そのままいわゆる不倫関係になったことがあります。
そしてやはり僕も連絡先を渡した時にはまさか恋愛関係になろうなんて思ってもなかったです。

僕の場合は相手の女性と話をしていているときに相手の旦那さんのことで悩んでいる(同じ既婚者でした)という話を聞いていました。
それで「僕で良ければいつでも話だけでも聞くよ」なんて言って連絡先を交換したのです。

これは目の前で困ってたり弱ってたりしたからなんとか力になりたい、という気持ちも確かにありました。
しかしもっとドロドロな自分の感情を素直に言うなら、連絡先を交換する口実が出来てラッキー、と思ったのもやはり事実です。

それに弱ったところで手助けをすれば自分に好意が向くだろうな、という打算&下心もありましたし。
我ながら最低だとは思います。
でも連絡先を交換してくる男性ってこういう外面を良くして相手の女の子の警戒を解く、みたいなことは特に既婚者だったら考えるでしょう。

でもその時は本当に不倫関係になろうなんて思ってなかったですけどね。
素敵だなと思う女の子に頼りにされてちょっと良い気分になるくらいで十分だ、と思ってたんですが。

あれよあれよという感じですね。

連絡先を交換した後に何が起きる?

連絡先を交換した直後にいきなりデートに誘ってくる…みたいな既婚者はなかなかいないです。
大抵仕事やらなんやらの”業務連絡”的な感じのメッセージを主にやり取りしつつ、ちょこちょこプライベートに踏み込んでくる、的な感じでやり取りをしようとするでしょう。

僕もそうでしたが、メッセージのやり取りをしていく中での”第一目標”はご飯に行くことです。
仕事の相談乗るよ、とか、たまには美味しいご飯連れてってあげるよ、とか口実は色々あるでしょうけど、とにかくご飯に連れ出すのが第一目標です。

逆に言うとメッセージのやり取りをしていて彼がご飯に誘ってきたら、あなたに対する好意が段々と形になってきている、というサインでもあります。
また同時に彼の中で「相手の女の子も俺のこと少しは良く思ってくれてるに違いない」と考えている、ということでもあります。

あなたがそういう展開をお望みなのであれば順調に来ていると言えますし、もしお望みじゃないのならこの辺りで断ち切ったほうが良いですね。

まとめ:既婚男性が連絡先を交換してくる心理とは

今回の記事をまとめるとこんな感じです。

  • 既婚男性が連絡先を渡してくるのは下心がある。渡す時点で恋人関係になろうとは思ってないが、それでも好意はある。
  • 連絡先を交換する口実や状況があれば逃さず交換してくる。色々と口実は用意していてもその裏側にはやはり下心が隠れている。
  • メッセージをやり取りし始めたら次の段階はご飯への誘い。もし彼が誘ってきたら彼も”その気”になってきている。

最初は何かしら理由を付けて連絡先を交換してくるでしょうし、やり取りもいきなり突っ込んだメッセージは送ってこないでしょう。
でもそのままやり取りを続けていれば、どんどん深みにはまっていくことは十分あります。

このまま彼の誘いに乗っていくのも反発するのもあなた次第ではあります。
が、とりあえずはっきり「この人は私に近づこうとしている」と認識したうえで物事を進めるといいですね。
そうすればどちらにせよ主導権を握れます。

そして。
このように連絡先を渡してきているというのは訳あり恋愛における大きなターニングポイントの一つです。

もしあなたが彼との関係を進めたい方向に心が傾いているのなら。
このチャンスはぜひ活かしたいです。
なぜなら訳あり恋愛においてチャンスは少なく、逆にチャンスが来た時にしっかり彼の心に刺さる言葉を投げかければあなたと彼の距離は一気に縮まるからです。

どのようにしてチャンスをものにすればいいのか?
その秘訣は次の記事にて別途解説していますので是非ご覧ください。

相手の心の裏まで見通して一気に距離を縮める話

僕も自分自身の恋愛で使った方法です。
あなたにとっても心強い存在になりますよ。